売却時に必要な書類って何でしょうか?

自動車を売却するときに必要な書類は名義変更を行うためのと、自動車車税の納税証明書です。名義変更を行うのに必要なのものは、自動車の自動車検査証、自賠責保険など自動車に乗っているものと、自動車の所有者の実印の委任状、譲渡書、印鑑証明です。印鑑証明は自動車の名義変更では交付から3ヶ月以内のもの決まっていますので、ある程度余裕のある新しいものを用意します。委任状と譲渡書は専用の用紙がありそれに捺印署名しますが、業者が用意してくれます。また車検証の住所、氏名などと印鑑証明の記載が変わってしまっている場合には、そのつながりを示す住民票などが必要です。例えば住所が変わっている場合は、転居の状況が分かる住民票の写しなどです。婚姻で氏名が変わっている場合は戸籍抄本が必要になります。またローンを組んで買った場合などは所有者がローン会社になっていますが、その場合は所有権解除の依頼をするために、使用者の委任状と印鑑証明を用意します。自動車税の納税証明書は名義変更には直接関係ありませんが、自動車税の延滞がないことを証明するために渡すのが一般的になっています。滞納があると必ず納付するようにお願いされるはずです。滞納がある自動車の買取はしないと思います。

Comments are closed.