カスタムしている場合に生じる査定額の影響って?

自動車をカスタムしている場合に生じる査定額の影響について考えてみましょう。
買取店に車を査定に出すと、年式やグレード別に見積もり価格が出されます。
プラスのポイントとしたカスタマイズオプションが評価となります。
カスタマイズオプションはもっとも価値が高く評価されるものとしてサンルーフやエアロパーツが高値を付けるポイントとなります。
最近は、国内販売の多くの車でアルミホイールを装着していることからアルミホイールはあまり高い評価がされないことが多く、状態の良いもので多少評価が上がりますが、キズや大きなヘコミがあれば逆にマイナスポイントとして評価が下がります。
社外品は、あまり高い評価が付かないことが多いですので、純正があれば取り替えて、インターネットオークションなどで売るのが良い方法です。
エアロパーツの場合も同様で純正のオプショナリーパーツであれば、購入時にそれだけ費用が掛かっていることや、空気抵抗や安全性が考慮されて設計してあることで評価が高くなります。
また、生産時にメーカーからしっかりとした取り付け技術により、設定されるため安全性も確保されています。
カスタマイズによって転売にメリットがなければ業者はそこに価値を見出しません。

Comments are closed.