査定の評価ポイント

自動車を売却するときに少しでも高く買取をしてもらうためには、査定の際にどのような場所が評価されるかということを知っておく必要がります。
それを知っているか知らないかで、売却するタイミングも異なってくるだけにとても重要なものとなります。
もしそれを知らずに売却をしようとすると、もっと高く売ることができた時期があったのにそれを逃してしまうということにもなってしまいます。
特に自動車のように金額が大きなものでは、少しの差でも無視することのできない影響があるだけに好査定をもらえる部分は抑えておきましょう。

まず、査定が高くなりやすいものは人気のある車種であるかどうかということになります。
特にその時期に売れている人気の車は、中古車市場でも人気があるために査定を受けても良い査定を得やすくなります。
そして、次に走行距離と年式が新しいことが挙げられます。
当然走行距離は短ければ短いほど、また年式は新しければ新しいほど有利になるので売却を考えた時にはできるだけ早く売ると有利です。

特に10万キロ、10年がちかづいている車の場合、これを超えてしまうととたんに査定額が下がってしまうことが多いだけに、この辺りが近づいてきた時には査定でマイナスになる前に売ってしまうのも一つの選択肢になります。

Comments are closed.